あいさつ状文例集

よく使われる、あいさつ状の文言を集めてみました。
当店であいさつ状印刷をご注文される方はもちろん、
ご自分であいさつ状を作られる方も、どうぞご参考になさってください。

あくまでも文例ですので、お好きな内容をコピーされた後、ご自分に合った
内容にアレンジしてご使用になりますよう、ご注意ください。

広中印房@web支店にて「カスタムメイドあいさつ状」をご注文される場合、
文例の必要な部分をカーソルで選択し右クリックメニューでコピーして
ご注文フォームのテキスト入力欄にペースト(貼り付け)した後に内容を改変して下さい。
文例をベースにお好みの文章にアレンジして頂いても、もちろんOKです。

なお、退職・転職の文例はこちらをご参照ください。

転 居
拝啓 ○○の候 皆様にはご清栄のこととお喜び申し上げます
さてこのたび私ども左記のところへ移転いたしました
お手数ながら お手許の住所録をお改めいただければ幸甚に存じ上げます
なおお近くにお越しの節はぜひお立ち寄り下さいますようお待ちいたしております
                               敬具
一般的な頭語・結語
拝啓→敬具
謹啓→敬白
(女性用の結語)
    かしこ
(仏事等の結語)
    合掌
○○の候
○○に入る言葉
1月
睦月
新春・初春
頌春・厳寒
厳冬・寒冷
酷寒
2月
如月
晩冬・向春
立春・春寒
余寒
3月
弥生
早春・盛春
浅春・春風
春暖・軽暖
4月
卯月
陽春・仲春
春和・惜春
桜花爛漫
5月
皐月
晩春・新緑
薫風・若葉
向暑
6月
水無月
初夏・向夏
梅雨・長雨
立夏・薄暑
7月
文月
盛夏・仲夏
酷暑・炎暑
猛暑・極暑
8月
葉月
晩夏・残暑
秋暑・残炎
秋暑
9月
長月
初秋・新秋
新涼・名月
爽秋・清涼
10月
神無月
仲秋・清秋
秋涼・秋雨
金風・夜長
紅葉
11月
霜月
晩秋・向寒
菊花薫る
初霜・秋冷
落葉
12月
師走
寒冷・師走
初冬・初氷
歳晩・忙月
○○の候を
使わない場合
時下



 転居のお知らせ
拝啓 ○○の候 皆様にはお変りなくお過ごしのこととお喜び申し上げます
さて 早速でございますが 私共このたび左記へ転居いたしました
こちら方面へお出向きの節は ぜひお立ち寄り下さいますようお待ちいたしております
皆様のご健康をお祈り申し上げ まずは右ご挨拶かたがたお知らせまで
                               敬具
拝啓 ○○の候 愈々御清栄の事とお慶び申し上げます
平素はなにかと御世話様に相成りましてありがたく御礼申し上げます
扨て私共此の度左記に移転致しましたので御知らせします
お近くにおいでの節は是非お立ち寄り下さい
                               敬具
お礼状
謹啓 このたび○○○○につきましては早速お見舞いをいただきご芳情厚くお礼申し上げます
皆様方にたいへんご迷惑 ご心配をおかけいたし恐縮いたしております
拝眉の上お礼申し上げるべきとは存じますが まずは書中をもってお礼申し上げます
                               敬白
(火事見舞礼状)
謹啓 このたび○○○○の際には早速お見舞を頂き御芳情厚く御礼申し上げます
居宅は全焼しましたが ○○一同逸早く避難して安泰でおりますのでご安心下さる様お願い申し上げます
拝眉の上お礼申し上げるべき所 雑事に取紛れ まずは書中をもって御挨拶申し上げます
                               敬白
(近火見舞礼状)
拝啓 このたびの近火に際しましては 早速ご丁重なお見舞いをいただきありがとうございました
幸い類焼をまぬがれ 無事でありましたのでご安心下さい
まずは取り急ぎ書中をもって御礼申し上げます
                               敬具
(退院礼状)
謹啓 時下ますますご清祥のことと存じ上げます
さて 私事 今回の入院に際しましては ご多忙の中わざわざお見舞い下さり その上結構なお見舞品までいただき まことにありがたく厚く御礼申し上げます
おかげ様で経過順調にて 去る○○月○○日 無事退院することができました
これもひとえに皆様のご厚情の賜物と感謝いたしております
今後はさらにご厚意に酬いるべく努力いたす所存でございますので何卒一層のご指導のほどお願い申し上げます
まずはとりあえず退院のご報告かたがたご挨拶申し上げます
                               敬白
仏 事
○○ ○○(亡父 太郎など)死去の節は ご多忙中にもかかわりませず ご懇篤な弔慰を賜り なお格別のご厚志に預かり まことにありがたく厚く御礼申し上げます
つきましては 早速参上いたし 御礼申し上げるのが本意でございますが 略儀ながら書面をもちまして謹んで御礼のご挨拶を申し上げます
拝啓 ○○の候となりましたが 皆様にはご健勝のことと存じます
さて 来る○○月○○日は○○の○○回忌に当たりますので 左記によりささやかながら法要を営みたいと存じます
つきましては 生前ご親交を賜わりました方々をお招きして粗餐を差し上げ 故人の霊を慰めたく願っております 何かとご多忙中のこととは存じますがご光来下さいますれば幸甚に存じます
まずは右ご案内申し上げます
  日時  ○○月○○日 ○○時より
  場所  ○○○○○○○○○○
        電話(○○○)○○○ー○○○○
                               敬具
結 婚
拝啓 ○○の候 皆様にはいよいよご清栄のこととお慶び申し上げます
さて 私たちは 過ぐる○○月○○日に結婚いたしました  何分未熟な二人ゆえ行き届かぬ事が多いとは存じますが お互い力を合わせ明るい家庭を築いていく所存でありますので どうぞ末永くご指導ご厚情を賜わりますようお願い申し上げます
また近くへお越しの折には ぜひお立ち寄り下さいますようお待ちいたしております
末筆ながらご一家皆様のご多幸をお祈りいたし まずは右書中をもってご挨拶申し上げます
                               敬具
表示変更
 社名変更のお知らせ
毎度ありがとうございます 平素は格別のご愛顧お引立てに預り深謝申し上げます
さてこの度○○月○○日より左記の通り社名を変更致しますので御通知申し上げます
        記
  旧社名  株式会社○○○○○
  新社名  ○○○○○株式会社
今後とも相変わりませずお引立ての程お願い致します
 住居表示変更のお知らせ
皆様お元気でお過ごしのことと存じあげます
さて早速ですがこのたび住居表示が変更になりますのでお知らせいたします
もし貴家の住所録に私共の住所が記載されていましたら お手数でもお書き換え下さいますようお願いいたします
今後ともよろしくお願い申し上げます
  新住居表示 (○年○月○日より実施)
  〒○○○-○○○○ ○○市○○町○-○-○
  旧住居表示
  〒○○○-○○○○ ○○郡○○町○-○-○
移 転
(店舗移転)
 店舗移転のお知らせ
拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
このたび ○○○○○○○○から○○○○○○○○へ新装オープンいたします
店内も広く明るく皆様にお気に召していただけるものと思います
どうぞお気軽にお寄り下さいます様 スタッフ一同お待ち申し上げて居ります
                               敬具
(会社・工場移転)
 移転御通知
拝啓 毎々格別の御引立てを賜り有難く厚くお礼申し上げます
扨て ○○○○今般左記に移転致しましたのでここに御通知申し上げます
今後ともよろしくご愛顧の程お願い旁々移転ご挨拶申し上げます
尚 附近御越しの節は是非一度お立寄り下さいますようお待ち致しております
                               敬具
(会社・工場移転)
 工場移転のお知らせ
拝啓 ○○の候 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます
毎度格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます
さて弊社儀 この度工場を左記の住所へ移転致しましたのでご通知申し上げます
  新工場 〒○○○-○○○○ ○○市○○町○-○-○
        電話(○○○)○○○−○○○○
今後とも相変わりませず よろしくお願い申し上げます
                               敬具
(会社・工場移転)
 ○○○○移転のお知らせ
拝啓 ○○の候 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます
いつも格別のお引立てを賜りご芳情誠に有り難くお礼申し上げます
さて このたび○○○○○○○が左記に移転いたしましたのでお知らせ申し上げます
なにとぞ 今後とも一層ご愛顧のほどをよろしくお願い申し上げます
まずは右お礼かたがたご挨拶申し上げます
                               敬具
開 業
拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます
平素は格別のご懇情を賜り厚く御礼申し上げます
おかげをもちまして事業も一段と向上致してまいりました これもひとえに皆々様の厚きご尽力によるところと深く感謝致しております
そこでこの度個人事業としての「○○○○○」を発展的に解消して ○月○日をもって「○○○○○○」を設立し新発足することにいたしました
なにとぞ旧に倍するご厚情とご支援を仰ぎたくひとえにお願い申し上げます
まずはご挨拶かたがたお願いまで
                               敬具
拝啓 皆々様には益々ご健勝の事と思われます
さて この度 下記に於て ささやかながら「○○○○○○」を開業致しました
つきましては今後とも何卒宜しくご愛顧お引立賜わりますようお願い申し上げます
取り敢えず書中を以ってお知らせさせて頂きます 尚お近くにお越しの節は是非お立寄り下さいます様お願い申し上げます
                               敬具
社名変更
拝啓 貴社いよいよご隆昌のこととお喜び申し上げます
平素は格別のご愛顧を賜りありがたく厚くお礼申し上げます
さて この度弊社では 業務内容を明確に表し社名を変更する事になり 平成○○年○月○○日より○○○○○○○と改称いたしました
つきましては今後 この新社名により社業の発展に努力いたす所存でございますので何卒倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
                               敬具
       記
新社名 ○○○○○○○